半蔵門線「清澄白河」駅 徒歩6分
オーケーストア 平野店の2階

03-3820-8880

WEB
診察予約
WEB
問診票

皮膚科

皮膚科について

皮膚科画像

皮膚に発症する病気は非常に沢山の種類があります。湿疹や吹き出物などは、一見すると同じように見えるものも少なくありませんが、発症原因は様々なのです。そのため、外因子によるもの、内的因子によるもの、加齢によるものなど、原因を見極めながら治療を進めていきます。

皮膚科疾患の中には、簡単に治るものもありますが、特効薬が無いため、長期間にわたって根気よく対応していく必要のある疾患も少なくありません。しかし、決定的な治療法はなくても、適切な外用療法やスキンケアなどによって肌の状態をほどほどに保っていくことは可能です。

当院では、患者さまの症状を見極め、手術の必要のない皮膚科疾患に幅広く対応しておりますので、皮膚の異常が見られたときはお早めにご相談ください。

当院で扱う主な皮膚疾患・症状

アトピー性皮膚炎 蕁麻疹 急慢性湿疹 かぶれ 皮脂欠乏性湿疹(乾燥肌) 帯状疱疹 伝染性膿痂疹(とびひ) 伝染性軟属腫(水イボ) 鶏眼(ウオノメ) 疣贅(イボ) 吹き出物 ざ瘡(ニキビ) 乳幼児湿疹 汗疹 体・足白癬(水虫)  唇ヘルプス 肝斑(シミ) 脱毛症 やけど しもやけ など

アトピー性皮膚炎

詳しくはこちらへ >

蕁麻疹

詳しくはこちらへ >

急慢性湿疹

赤くて痒みのある発疹ができたり、皮膚の表面が粗くなったりする病気です。乳幼児から高齢者まで、すべての年代で起こることがあります。湿疹が生じる場所も、体の特定の部位にのみ出来るケースから、全身の至るところに出来るケースまで様々です。

皮膚が痒くなるため、お子様のみならず、大人の方も患部を掻きむしってしまうことがあります。しかし、掻くことによって細菌感染を引き起こしたり、患部の皮膚が肥厚してしまい、なかなか治癒しないこともあるので注意が必要です。

湿疹の原因は、化学物質による刺激、肌に異物が擦れることによる刺激、紫外線(太陽光線)、寒冷による刺激、飲食物、薬剤など多岐にわたっています。以前は特に反応することのなかった物質が、突然、湿疹の原因となることもあり、原因の特定が難しい症例も少なくありません。

治療にあたっては、まず薬物療法によって痒みや炎症を抑え、経過を見守ります。また、日常生活では皮膚の清潔を保つため、低刺激性の石鹸などを少量使用し、スキンケアを行います。なお、急性期には入浴を避けた方が良いケースもありますので、普段の生活の過ごし方について皮膚科医師のアドバイスを聞くようにして下さい。

かぶれ

皮膚に直接触れた刺激物質などが原因となり、炎症や湿疹を引き起こす皮膚炎です。原因が明らかな場合は、その原因物質の名前を冠して呼びます。例えば、うるしが原因ならば「うるしかぶれ」、金属製のアクセサリーであれば「金属かぶれ」、乳児のおむつならば「おむつかぶれ」です。

接触性皮膚炎は、4種類に分けられます。まず1つ目は、角層が破壊されるために生じる「刺激性接触皮膚炎」、2つ目はアレルゲンによる感作・惹起反応による「アレルギー性接触皮膚炎」、3つ目はアレルゲンに光線が当たり、活性酸を帯びて組織障害などを起こす「光接触皮膚炎(光アレルギー性接触皮膚炎)」、4つ目は接触部位を越えて皮膚症状の広がる「接触皮膚炎症候群」です。すなわち、アレルギー性以外のタイプも存在するのです。

帯状疱疹

水痘・帯状疱疹ウイルスに初めて感染したときは水痘になります。それ自体は概ね1週間ほどで治癒するのですが、ウイルスが完全に死滅したわけではなく、神経を伝わって後根神経節内に潜伏すると言われています。このウイルスが何らかの誘因によって再活性化し、皮膚に発疹などを引き起こす疾患が帯状疱疹です。

悪性腫瘍の放射線治療を行ったり、加齢や過労によって身体の免疫が低下してくると、ウイルスが神経節内で増殖します。これが知覚神経を通って表皮に達し、表皮細胞に感染し、そこでさらに増殖して赤い丘疹や水疱が出現するのです。

ご自身が保有しているウイルスが原因であり、他のヒトから感染して帯状疱疹になるわけではありません。但し、水痘に罹患したことのない人と接触すると、その人がウイルスに初感染し、水ぼうそうを発症するおそれがあります。

治療にあたっては、内服薬と外用薬を投与します。重症例に抗ウイルス剤点滴による治療を行う場合もあります。

水イボ

小さめの丸くて柔らかい良性のイボです。全身の至るところに発生しますが、特にわきの下や陰部など、身体の柔らかい部位で見られます。夏の暑い時期に頻発することが多いのですが、その他の季節にも起こることがあります。幼児から小学校低学年の児童に発症することが多く、特にアトピー性皮膚炎の方は注意が必要です。

水イボは、伝染性軟属腫というウイルスに接触することで感染しますので、人から人への移ることもあります。しかし、ちょっとした事で罹患してしまうほど確率の高いことではありません。

治療にあたっては、水イボの芯を専用のピンセットで一つずつ除去します。

平和記念医院
院長名
劉 瑞芹
診療内容
一般内科(総合内科)
皮膚科
漢方外来
アレルギー外来
渡航外来(トラベル外来)
禁煙外来
予防接種
健康診断
国際外来(中国語、英語)
住所
東京都江東区平野2-11-5 
パシフィック第二門前仲町 2F
アクセス

*半蔵門線「清澄白河」駅(B2出口)徒歩6分
都営大江戸線「清澄白河」駅(B1出口)徒歩8分
都営バス(東20、業10)「東京都現代美術館前」停留所 徒歩3分
都営バス(秋26)「白河二丁目」停留所 徒歩6分

*東西線・都営大江戸線「門前仲町」駅 徒歩12分
都営バス(門21)「冬木」停留所 徒歩3分
都営バス(門33)「平野一丁目」 徒歩6分

*都営新宿線 「菊川」駅 (A2出口) 徒歩15分
都営バス(東20、業10)「東京都現代美術館前」停留所 徒歩3分

電話
03-3820-8880
地図 >>Googleマップはこちら

診療時間

日祝
9:00~12:30
14:30~18:30

休診日:木曜、日曜、祝日
〇:土曜日の午後は17:00まで